英語教材 幼児

親の満足で終わらない本当に子供のためになる幼児向け英語教材とは?

「これからの時代は英語くらい話せなくてはいけない時代、子供のためにも小さいころから英語教育をしてあげたい」そんな風に考えているお父さん、お母さんは多いのではないのでしょうか。自分が英語学習に苦労をしている分、子供にはそんな苦労はさせたくない、子供のうちから英語に親しませておかなければと考える人も多いようです。

子供の英語脳は、バイリンガルに育てるには1歳までに、そうでなくても最低10歳までには英語の音に親しませることが必要とも言われています。子供のためと思うからこそ、ある程度の費用をかけてでも、できることはしてあげたいと思うのが親心なのです。しかし、残念なことですが、そんな親心につけこんだ、内容の伴わない幼児向け英語教材が多数、しかも高額で販売されています。英語教材は金額と内容が比例するものではありませんので、高額なだけで粗悪な英語教材にはひっかからないようにしましょう。

では、幼児向け英語教材として、本当に子供のためになる教材とはどんなものでしょうか
?高額を払って親の自己満足で終わるような結果にならないように、しっかりと教材選びのポイントを押さえてもらいたいと思います。

幼児用の英語教材といえば、ビデオやDVD、CDがセットになっているものが大半です。子供に本当に効果がある教材を選ぶためには、まずは幼児にとっての英語教育とはどんなものかというところをしっかりと押さえてください。幼児にとっての英語教育とは、決して子供のうちに英単語や英語のフレーズを覚えさせるというものではありません。これはよくありがちな勘違いで、この勘違いに基づいた教材というのも多数販売されているのです。ただ、英単語を繰り返して発音するようなCDや、イラストとともに次々と表示して発音していくようなDVD教材は、そもそも幼児の英語教育がどんなものかを分かっていない、粗悪な教材と思ってください。

幼児にとって必要な英語教育とは、英語の音を聞く脳を育てることなのです。英語は日本語とは違う周波数で発音され、バイリンガルの人の脳を調べると、日本語と英語では脳の別の部分を使って言語を理解しているという調査結果も出ています。この、英語を理解する英語脳を育てるためには、単語やフレーズを子供の頃から覚えさせるような教育ではなく、英語を一つの音楽のようにして、英語独特の音やリズムを聞かせることに意味があるのです。また、子供に興味をもって音を聞かせるためには、子供の見るものとして子供の興味を引くような内容になっていなくてはなりません。子供の興味をひくキャラクターが出てくるなど、子供にとって興味を持てる内容であるかは非常に重要なポイントです。

必要以上に高額なものではなくても、幼児向けの優秀な教材はあります。幼児英語教育のポイントを押さえて、子供のためになる教材選びをしましょう。

おすすめ英語教材ランキング!

英語教材

【V6000 英語カンタン記憶ソフト】

英単語を21日以内に3000語も記憶できるようになる、究極の英単語対策!教育者たちもオススメしています。

【ココがオススメ!】
・幼児~社会人まで誰でも活躍します
・6000英単語が短期間でマスターできる
・120日返金保証が付いていて安心


英語教材

【TOEICテストウェブトレーニング】

日本で最も歴史のある英字新聞者のTheJapanTimesっが開発した、TOEICのスコアアップを狙うウェブトレーニングです。

【ココがオススメ!】
・2年連続!東大・京大で最も売れたTOIEIC対策
・あなたの弱点を分析し素早くレベルアップ
・5日間500円のキャンペーン実施中


英語教材

【YouCanSpeak】

TOEICスコアUP!ゲーム感覚で英語が身につく!英語が自由に話せるようになるためのネット英会話教材です。

【ココがオススメ!】
・思ったことが瞬間的に英語で言える
・通訳時の脳の回路をソフトウェアに
・英語習得のプロであるDr.キノシタが開発