英語教材 小学生

小学生の英語教材の選び方

小学校で英語の授業が始まっているところが多くなってきています。
小学校で英語の授業が時間割に組み込まれているところもあれば、
年間を通じて1~2時間程度の授業等、学校によって様々です。

1年制から通常通り英語の授業があるところもあれば、
6年生になって初めて英語の授業を受けるところもあるのです。
地域、小学校によってずいぶん異なった状況があります。

あなたの地域の小学校ではどのようになっているでしょうか?
学習要綱の改正があったので原則として2010年度からは
どの小学校でも英語学習がスタートします。
もちろん英語の評価もされますので通知表に記入されるようになってきますよ。
早期英語教育に期待している親にとってはありがたいことです。

英語の塾通いはお金がかかる

通知表に評価が記入されるからではありませんが、
英語を学習するためには他の強化と同じように自宅での勉強を必要になってきます。

算数や国語の学習塾に通わせているからこれ以上教育資金を出せないという人もいるでしょう。
他の習い事で手一杯だからこれ以上習い事をさせることは出来ないという人もいるでしょう。
英語の教室に通わせる場合およそ5000円から1万円程度は掛かるようです。
不況の時代にとってはこの出費も痛いものと感じてしまいますよね。

英語は家庭学習でも十分対応できます。
最近は英語学習のための良い教材が揃っています。
小学生の子どもの興味を引くような教材作り画してありますので、
嫌がらずに学習することが出来るでしょう。

おすすめ英語教材ランキング!

英語教材

【V6000 英語カンタン記憶ソフト】

英単語を21日以内に3000語も記憶できるようになる、究極の英単語対策!教育者たちもオススメしています。

【ココがオススメ!】
・幼児~社会人まで誰でも活躍します
・6000英単語が短期間でマスターできる
・120日返金保証が付いていて安心


英語教材

【TOEICテストウェブトレーニング】

日本で最も歴史のある英字新聞者のTheJapanTimesっが開発した、TOEICのスコアアップを狙うウェブトレーニングです。

【ココがオススメ!】
・2年連続!東大・京大で最も売れたTOIEIC対策
・あなたの弱点を分析し素早くレベルアップ
・5日間500円のキャンペーン実施中


英語教材

【YouCanSpeak】

TOEICスコアUP!ゲーム感覚で英語が身につく!英語が自由に話せるようになるためのネット英会話教材です。

【ココがオススメ!】
・思ったことが瞬間的に英語で言える
・通訳時の脳の回路をソフトウェアに
・英語習得のプロであるDr.キノシタが開発