英語教材 ランキング

学習タイプ別に見る、人気の英語学習教材はこれだ

最近では小学校から英語教育を取り入れるなど、日本は英語教育がさかんな国の一つだと思います。小学校、中学校、高校、大学までかなりの時間をかけて英語を勉強したという人も多いことと思います。しかし、日本人はなぜか英語を話すことが得意ではありません。これだけの時間をかけて英語を勉強したにも関わらず、実践的に英語を使いこなせる人というのは、ごく一握りしかいないのです。そのため、英語を話せるようにならずに学生生活を終えてしまったという人や、学校教育によって英語を習得するのが難しいと感じた人の多くは、自分で英語を勉強して、英語を話せるようになりたいと考えます。英語が話せない人が多いなかで、英語を勉強したい、話せるようになりたいと考えている人は多く、日本は英語学習に関する関心が非常に高い国なのです。

では、英語教材を使って自力で英語を習得したいと考えた人は、どんな教材を使って英語学習をしているのでしょうか。語学の学習の仕方には、個人個人に合う、合わないがあり、万人に効果的な教材などは存在しませんが、人がどんな教材が人気で、どんな勉強方で勉強をいているのかということは、これから英語教材を使って英語の勉強をしようという人にとっても参考になると思います。

英語教材を使って勉強しているという人へのアンケート結果をランキング形式でご紹介します。

第1位 リスニング教材

日本人は、英語を聞く能力がないという言われ方をすることもあります。英語と日本語では発音の周波数が違うことで、日本人の耳は英語の周波数の発音を聞き取ることが苦手とされているのも影響していると考えられています。まずは、英語を聞く能力を鍛えることで、英語に親しみ、そこから語学力を広げていこうという学習法です。

第2位 会話・発音教材

英語を学習したいと考える目的は、学生のうちには受験のためという人が多数いることと思いますが、そうでない人が英語を学習したい目的は、やはり実践的に英語を使うこと、会話をすることを目的にしていることと思います。そのため、発音をしっかりと勉強したり、とっさに英語で表現できるようにしたいなど、会話に関するスキルを磨く教材を英語教材として選ぶ人も多いようです。

第3位 文法教材

日本の英語教育は、コミュニケーション重視といわれるようになっている現代でも、やはり文法からスタートする勉強方が主流です。そのため、まずは文法ありきでなくては勉強ができないという人も多く、根強い人気がある英語教材です。ただ、中には文法を倦厭する人もいるため、既出のような手軽にはじめやすいリスニングや会話の教材が人気になっているという側面もあります。

英語学習は、自分にあった英語教材を使うことが、学習を継続し身につける秘訣です。色々試して自分にあったものを探してみてください。

おすすめ英語教材ランキング!

英語教材

【V6000 英語カンタン記憶ソフト】

英単語を21日以内に3000語も記憶できるようになる、究極の英単語対策!教育者たちもオススメしています。

【ココがオススメ!】
・幼児~社会人まで誰でも活躍します
・6000英単語が短期間でマスターできる
・120日返金保証が付いていて安心


英語教材

【TOEICテストウェブトレーニング】

日本で最も歴史のある英字新聞者のTheJapanTimesっが開発した、TOEICのスコアアップを狙うウェブトレーニングです。

【ココがオススメ!】
・2年連続!東大・京大で最も売れたTOIEIC対策
・あなたの弱点を分析し素早くレベルアップ
・5日間500円のキャンペーン実施中


英語教材

【YouCanSpeak】

TOEICスコアUP!ゲーム感覚で英語が身につく!英語が自由に話せるようになるためのネット英会話教材です。

【ココがオススメ!】
・思ったことが瞬間的に英語で言える
・通訳時の脳の回路をソフトウェアに
・英語習得のプロであるDr.キノシタが開発