英語教材 比較

テキスト?CD?英語教材を比較して選ぶ、メリット、デメリット

英語教材と言っても、教材のタイプは様々です。学習にかかる期間も、短期集中というものもあれば、じっくりと時間をかけて学べるものもありますし、値段の差もかなりのものがあります。英語学習をはじめるきっかけになる教材は自分にあった教材を使うことが、学習を継続して英語を身につけるためにも大切なのですが、自分にあった教材といわれても、ピンと来る人は少ないと思うのです。

英語教材といえば、大きくわけてテキストで学習するものと、CDなどの音声で勉強する方法がありますので、2つのタイプの英語教材を比較して、教材タイプ別にあなたにとってのメリット、デメリットをみていきたいと思います。

あなたは、物事をまず「なぜ?」「どうして?」という理論から考えないと理解できないタイプでしょうか?それとも、直感的、感覚的に理解することができるタイプでしょうか。この差は英語教材を選ぶ上でもキーポイントになります。何事も理論からという人であれば、やはりテキストがあるタイプの教材を使ってじっくりと学習をするのがいいでしょう。直感的感覚的に理解することが得意だという人には、音声での学習をおすすめします。

テキストのメリットは、文法的なものも押さえながら学習ができる教材が多いことです。しっかりと英語を身に付けたいと考えるのでれば文法をしっかりと理解することも、一つの学習方法ですので、文法を理解してからでなくては語学が頭に入ってこない人にとっては、利用するメリットがあるでしょう。しかし、CDなどと併用する教材だったとしても、テキストがあるために視覚的な勉強方になってしまい、いざという時に英語を話す、聞くとができないような勉強方になってしまう可能性があるというデメリットがあります。

一方で、CDなどの音声のみで学習をするタイプの英語教材は、文法はとりあえず置いておいて、まずは英語に親しむことからはじめる教材が多いのが特徴です。音声のみということで、通勤通学の最中や、日常生活の空いた時間を、短い時間でも有効活用して学習ができるのはメリットです。音に親しむことから実践的であり、聞きながら声に出すような教材であれば英語を声に出す瞬発力も鍛えられます。しかし、感覚的な学習法であるため、ただ聞いているだけでは頭に全くは入らないというタイプの人もおり、学習する人を選ぶ教材であるところはデメリットといえるでしょう。

あなたは、英語学習のための時間をどれくらいとることがきでる生活をしていますか?一定の時間を取れる方ならばテキスト学習のメリットを活かせると思いますが、なかなかまとまった時間がとれず、学習効果が出る前に学習を断念してしまうという人もいることと思いますので、そんな場合には、まずは開いた時間を使って感覚的に英語に親しむ音声学習からはじめてみてもいいでしょう。

好みの教材でできることから英語学習をはじめてみましょう。

おすすめ英語教材ランキング!

英語教材

【V6000 英語カンタン記憶ソフト】

英単語を21日以内に3000語も記憶できるようになる、究極の英単語対策!教育者たちもオススメしています。

【ココがオススメ!】
・幼児~社会人まで誰でも活躍します
・6000英単語が短期間でマスターできる
・120日返金保証が付いていて安心


英語教材

【TOEICテストウェブトレーニング】

日本で最も歴史のある英字新聞者のTheJapanTimesっが開発した、TOEICのスコアアップを狙うウェブトレーニングです。

【ココがオススメ!】
・2年連続!東大・京大で最も売れたTOIEIC対策
・あなたの弱点を分析し素早くレベルアップ
・5日間500円のキャンペーン実施中


英語教材

【YouCanSpeak】

TOEICスコアUP!ゲーム感覚で英語が身につく!英語が自由に話せるようになるためのネット英会話教材です。

【ココがオススメ!】
・思ったことが瞬間的に英語で言える
・通訳時の脳の回路をソフトウェアに
・英語習得のプロであるDr.キノシタが開発